Loading...

高橋竹山高桥竹山 / たかはし ちくざん

地区: Japan 日本
风格: 日本 | 邦乐 Japanese Traditional Music
档案:
小档案
高橋 竹山(たかはし ちくざん、1910年(明治43年)6月18日 - 1998年(平成10年)2月5日)は津軽三味線の名人。本名高橋定蔵。一地方の芸であった津軽三味線を全国に広めた第一人者である。 演歌歌手北島三郎が歌った『風雪ながれ旅』のモデル。
大事件
青森県東津軽郡中平内村(現在の平内町)小湊生まれ。
3歳の時に麻疹をこじらせて半失明する。その後近所のボサマ(盲目の門付芸人)であった戸田重次郎から三味線と唄を習い、17歳頃から東北北部・北海道を門付けしたという。
1938年(昭和13年)イタコをしていたナヨと結婚。
太平洋戦争の激化で三味線では生活が支えることが難しくなり、1944年(昭和19年)、鍼灸師とマッサージ師の資格取得のため県立八戸盲唖学校に入学。一時芸の世界から身を引くが、1950年(昭和25年)から津軽民謡の神様とも呼ばれた成田雲竹の伴奏者として各地を興行。その際に雲竹より『竹山』の芸名を受ける。 1954年(昭和29年)から雲竹とともにラジオ青森の民謡番組に出演した。
当時の津軽民謡には三味線伴奏の付いたものが少なく、『津軽じょんから節』『津軽よされ節』『津軽小原節』のいわゆる『津軽三ツ物』に加えて、『津軽あいや節』ほどでしかなかった[要出典]。成田雲竹は高橋竹山に対して、伴奏のみならず他の津軽民謡に三味線伴奏を付けるよう依頼、以後雲竹の作詞作曲した『りんご節』など、雲竹・竹山のコンビで多くの津軽民謡を発掘・制作し発表した。
1963年(昭和38年)キングレコードより史上初の津軽三味線独奏LPレコード『源流・高橋竹山の世界~津軽三味線』を発売。これによって竹山の名は津軽三味線奏者としての名声を得る。
1964年(昭和39年)雲竹の引退・隠居により雲竹・竹山のコンビを解消。
1973年(昭和48年)小劇場渋谷ジァン・ジァンに初出演。その後も定期的に開催したライブで多くの若者の心を捉え津軽三味線ブームのさきがけとなった。
1975年(昭和50年)自伝『津軽三味線ひとり旅』を出版。
1977年(昭和52年)新藤兼人脚本・監督により映画『竹山ひとり旅』が製作され、モスクワ国際映画祭に日本代表作品として出品される。
1986年(昭和61年)にアメリカ公演をし、これが世界に津軽三味線の名を知らしめるもととなった。ニューヨーク、ワシントンD.C.、ボルチモア、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ホノルルなど7都市で10回の演奏会。厳しい論評で知られるニューヨーク・タイムズは「まるで魂の探知器ででもあるかのように、聴衆の心の共鳴音を手繰り寄せてしまう。名匠と呼ばずして何であろう」と最高の賛辞を贈った。
1993年(平成5年)妻ナヨ死去。
1998年(平成10年)2月5日、喉頭がんにより平内町立中央病院にて死去。享年87。戒名「風雪院調絃竹山居士」。
晩年は衰えを自覚しながらも現役を退かなかったが、内弟子として師事し最後まで演奏活動を共にした竹与に二代目高橋竹山の名を譲った。他にも弟子はいたが、竹与だけが教授活動を一切せず演奏活動だけで生活していたことを認め、その行く先を心配してのことであった。
(更多)
关注TA 播放艺人电台
  • 未发布

    总体评分

    2013-05-15

  • 未发布

    津軽三味線 高橋竹山 魂の音楽

    总体评分

    2008-09-01

  • 试听

    津軽三味線

    总体评分9.5

    1996-05-22

  • 试听

    津軽三味线

    总体评分

    1996-04-21

  • 试听

    津軽三味線組曲 十三潟

    总体评分

    1974-01-01

我来说两句

您需要登录后才可以留言,新用户 注册虾米帐号

热门评论

  • 喜冲冲的黄金梨

    個人感覺純古典的比上妻宏光的古今混雜型要好聽些。
  • ☼ Bliss *

    ☼ Bliss *(隐于深山静湖.森林流泉间)2017-12-19 16:44 赞(5) 弱(0)
    http://chikuzan.org/
    高橋竹山——不世出的天才奏者 ( 转自豆瓣 )

    Takahashi Chikuzan(高桥竹山: 1910-1998)出生于日本青森县东津轻郡中平内村,本名高桥定藏,他是声望远播的日本津轻三味弦表演家与制作人。三岁时因罹患严重的麻疹造成弱视。后来他寄住家乡附近一位津轻三味弦表演者戸田重次郎家中当学徒,17岁便开始沿着青森县,北海道的田野乡间卖艺过活。
      22-23岁左右他成为全盲艺人,1939 年结婚,同年9月二次世界大战爆发,因为残障身分他免除参加战役。持续在各乡镇表演出没的结果使他逐渐享有名声,二战后高桥竹山已相当有名。
      1950年他成为津轻民歌手成田云竹的伴奏,也将姓名由高桥定藏更为高桥竹山。随后便单飞成为独树一格的津轻三味弦演奏家,1964年后他在涉谷ジァン?ジァン固定演出,这是一个即使满座也不达200人的前卫小剧场。他的个人独奏风格绵长且即兴,被人形容为“津轻郡最高的山脉”。
      名为《津轻三味弦》的专辑便是高桥竹山于1973年12月11和12两日在这个小剧场的现场演出录音,1974 年由日本Sony发行。共收录12首歌,前两首搭配铃木主水吟唱,其他 10 首均为高桥竹山独奏,其低沉伤感之氛围掳获现场和拥有此cd 的每位听众,由现场掌声的热烈程度即可证明。
      一则有名的八卦,说一名妇人因为太崇拜高桥竹山,遂而假匿其姓名四处弹奏他的歌曲,可见其音乐魅力。1986 年高龄76岁高桥竹山到美国公演造成轰动,当地乐迷甚至恭维他是三味弦领域的Robert Johnson。
      1998 年高桥竹山因咽头癌往生,享年87 岁。

63条简评

1234567 下一页 (第1页, 共63条)
Top
Host: , Process All 0.3135s Memory:5728.16k