Loading...

吉田拓郎よしだ たくろう / Takuro Yoshida

地区: Japan 日本
档案:
小档案
吉田 拓郎(よしだ たくろう、1946年4月5日 - )は、日本の男性シンガーソングライター。本名同じ。旧芸名は平仮名の「よしだたくろう」。楽曲提供者としては「入江剣」の名を用いることもある。鹿児島県大口市(現・伊佐市)生まれ、広島県広島市南区西霞町育ち。鹿児島市立谷山小学校~広島市立皆実小学校~広島市立翠町中学校~広島皆実高校~広島商科大学(現・広島修道大学)卒業。夫人は四角佳子~浅田美代子~森下愛子。おひつじ座。血液型A型。身長176cm。竹田企画、インペリアルレコード所属。
日本のシンガーソングライターの草分け的存在である。マイナーな存在だったフォークとロックを一気に日本の音楽シーンのメインストリームに引き上げ、また大規模ワンマン野外コンサート、ラジオの活性化、コンサートツアー、プロデューサー、レコード会社設立など、さまざまな新しい道を開拓したパイオニアとして日本ポピュラーミュージック史における最重要人物の一人である。
小简介
泉谷しげるはエレック・レコードの後輩で、エレックを抜けた拓郎の代わりに売り出されたスターだった。世の中が泉谷の歌を下手だと言った時も「うまい、うまい」と褒めてくれたという。拓郎の家に遊びに行くと自分のレコードばかり聞かせ、イメージとは裏腹に神経質で、奥さんは「ツアーの荷造りも自分でやって1週間前から遠足に行く子供みたいに楽しそう」という。エレックが倒産しフォーライフを設立した時も、拓郎は泉谷を引き入れ、フォーライフが内部抗争を始めて泉谷が辞める時も懸命に引き留めた。「反乱を起こして出て行こうとするのに愛情がデカい。今でもオレにとって拓郎は独得の色気を持った "かなわない男" "目の上のタンコブ"。 拓郎の強引な発想に振り回されちゃう自分が楽しいんだから不思議だ」と表現している。
その泉谷と昔、飲み屋で大喧嘩をしたことがあるが、拓郎は泉谷に勝ってしまったというエピソードがある。この喧嘩の仲裁に入ったのが森山良子。森山は殴り合っている二人に「こら拓郎!泉谷!いい加減にせぃ!」と叫んだという。森山はまだ無名時代の拓郎を自身のラジオ番組(キョーリン・フォーク・カプセル、ラジオ関東?)に度々呼ぶなど拓郎を可愛がったという。森山は1971年から1972年にかけて結婚、出産(森山奈歩)のために休養した。そのブランクのために1973年はパッとせず。この時代になると拓郎らシンガーソングライターが台頭してきて当時、"歌謡曲歌手"というイメージがついていた森山はアルバムが売れない状況になっていた。1974年の賛美歌アルバムの完成と「ある日の午後」のヒットで盛り返した森山に1975年、「襟裳岬」を大ヒットさせた拓郎が前記の恩を返す形で「歌ってよ夕陽の歌を」を提供。曲もヒットしたことで森山のイメージは再び"フォークの女王"に戻った。この後発売されたアルバム『やすらぎ』には五輪真弓、岩沢幸矢、長谷川きよしら人気シンガーが曲を提供することにもなってアルバムとして久しぶりに大ヒットした。森山はこの年「歌ってよ夕陽の歌を」で第26回NHK紅白歌合戦に出場した。
かまやつひろしに提供した「我が良き友よ」で歌われる“下駄を鳴らして奴が来る。腰に手ぬぐいぶら下げて”は拓郎のことを歌ったものと言われた。当時の流行の洋服店に入っても店員に「今日は下駄じゃないんですね」と言われ、この頃は道行く人にもケンカを吹っかけると思われていた。地方で静かに食事をとったり、お酒を飲んだりしていても店員に構えられ「今日はおとなしいですね」と言われ「何を期待されてるんだろう」と思ったと言う。かまやつも「50年間、この業界にいて警察官とケンカをしたのは横山やすしと拓郎だけ。ケンカが強いので拓郎を尊敬する」と述べている。
そのかまやつについて、拓郎は「東京へ来てから女、アルコールなど軟派系の遊びは全部かまやつさん。今日の僕があるのは、かまやつさんのおかげ。身体はガタガタですけど」と言う。かまやつは当時流行の最先端をいっていた業界人らと付き合い、拓郎をそういう人達が集う場所に連れて行った。作詞家・安井かずみの自宅は「川口アパート(プール付き)」(川口松太郎が造った高級マンション)と呼ばれ加賀まりこ、野際陽子、コシノジュンコや当時のトップモデル・シャロン宮田、ナンシー村井ら多くの業界人が集った。そこは大使館のような世界で、カルチャー・ショックを受けた。誰にも紹介してもらえず、「絶対に東京に負けてはならない」との思いを更に強くした。同業者だった安井には「あなたたちが来てから日本はすごくつまらなくなった」「あなたの詩って男のエゴばかり、女のことなんか何も分かってない」と言われ大ゲンカとなり泣かれて、拓郎にいじめられた、と言い触らされた。しかし安井の言葉はとても響き、すごい大事な人を失った感じがある、と述べている。拓郎は1986年、加藤和彦のプロデュースで全曲を安井作詞による『サマルカンド・ブルー』というアルバムを出している。
武田鉄矢は拓郎に憧れて上京しエレック・レコードに入った。ところが入った途端、拓郎はCBSソニーに移籍。また拓郎が表紙を飾った「新譜ジャーナル」に載るのも憧れだったが「新譜ジャーナル」もなくなった。つまずきから東京暮らしが始まったという。つき合いが始まったのはだいぶ後、武田が映画を撮り始めてから。1982年からの映画『刑事物語』の主題歌「唇をかみしめて」を拓郎が手掛けたり1985年、映画『幕末青春グラフィティRonin坂本竜馬』に高杉晋作役で出演した。これは坂本竜馬を演じた武田が、ずっと背中を追いかけてきた拓郎に一回、こっち側を向いて勝負して欲しい、と相手役として遮二無二に拓郎を説得したもの。また武田は拓郎を高杉晋作役で起用した理由について、拓郎の声はアジテーターの声であり、たった一声で千とか万の若者が後について行くような声。それは高杉晋作もそんな声だったんじゃないかと思うという持論で、俳優では出せないと拓郎にお願いしたと説明している。
フォーライフの社長をしていた頃、夜中に武田鉄矢から「飲みませんか」と電話がかかってきたのを受けて、出かけて行った時のエピソード。夜中の酒の誘いは断る事も多いが、武田からの誘いの場合は「きれいどころ」が待っており、武田のトークで十分盛り上がっているところで、「はい、今お話していた吉田さん、はいはい拍手!」「よっ、フォーライフの社長!」などとよいしょされ、美人局のようだったという。
1970年代半ばに、よくペニーレインなどで拓郎と飲んでいたガロの大野真澄は、拓郎から「一人でやれ、一人でやれ」といつも言われてたため、ガロの解散、所属レコード会社の倒産もあって1976年、フォーライフ入りした。この頃大野は、新曲より水原弘や服部メロディなど、昭和の歌謡曲のカバー・アルバムを作りたかった。ところが当時は全編カバー集を作っても売り方がわからない時代、スタッフから「そんなの作ってどうするの?」と言われ実現しなかった。ところが翌年1977年、拓郎が有名なカバー・アルバム『ぷらいべいと』を出したため大野は「別に僕のアイデアを使ったとは思わないけどね」と述べている。
(更多)
关注TA 播放艺人电台
  • 试听

    てぃ~たいむ

    总体评分

    2019-10-30

  • 未发布

    From T

    总体评分

    2018-08-29

  • 未发布

    tribute to TAKURO YOSHIDA

    总体评分

    2017-06-07

  • 未发布

    LIVE 2016

    总体评分

    2017-02-08

  • 试听

    AGAIN

    总体评分

    2014-06-18

  • 试听

    吉田拓郎 LIVE 2012

    总体评分

    2013-01-30

  • 试听

    午後の天気

    总体评分

    2012-06-20

我来说两句

您需要登录后才可以留言,新用户 注册虾米帐号

热门评论

  • 黎塞留的野望

    要是有 永遠の嘘をついてくれ 完整版就好了
  • DandyCheung

    DandyCheung(人生如梦,当立功绩.)2011-04-28 01:20 赞(14) 弱(0)
    吉田拓郎是日本的瑰宝
  • nakmare

    nakmare( )2016-05-20 17:30 赞(11) 弱(0)
    吉田的歌救了我,曾经给我最大勇气的是那首《元気です!》,其次《纯》,《7月26日未明》,《人生を語らず》,他教会了我学会接受来自这个世界的酷暑寒冬,用一颗不变的纯粹之心,慢慢行走在人生的旅途中. 人生永远都是旅途,无论你何时问我,我都会告诉你这才刚刚开始. 拓郎的歌充满了纯粹的心,他不会隐藏窘迫,而是以行动去挑战既定的现实,挑战世俗的观念,为了追求内心的答案,可以舍弃一切. 日本的歌者中,我最钦佩的就是吉田拓郎和谷山浩子.

107条简评

12345678 下一页 (第1页, 共107条)
Top
Host: , Process All 0.2674s Memory:5714.7k